「コフキトンボ」カテゴリーアーカイブ

キイロヤマトンボ

2009年のゲリラ豪雨後、数を減らして最近見ていないキイロヤマトンボですが、ヤゴは毎年確認しています(2017年12月3日)。

6月21日の午後に川の下見に行ってきましたが、「キイロヤマトンボでまず間違いないでしょ!」という飛び方をするトンボがいました。今日は久しぶりに会えるはずと出かけてきました。
ちなみにコヤマトンボ♂は岸沿いの広い範囲をビュンビュンと往復パトロールし、キイロヤマトンボ♂は広く浅い砂底の場所をグルグルとパトロールします。

まず8:00頃にこういう所へ。早速キイロヤマトンボ♂がいました。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボの場所

 

飛翔写真を撮る技術がなく、また採卵が最大の目的のため♂がいるとジャマされるので、捕獲してモデルになってもらい追い払いました。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボ♂

 

他のポイントでも♂が飛んでいるのを確認しましたが産卵♀は現れず、10:00過ぎ頃になると♂も飛ばなくなりました。

他にいたのは、コオニヤンマ、クロイトトンボ、コフキトンボ、オナガサナエなど。
オナガサナエは羽化殻が数個ありました。

オナガサナエ
オナガサナエ羽化殻

 

オナガサナエ♀。羽化に失敗したみたいで、羽が変形しています。

オナガサナエ
羽化不全と思われるオナガサナエ♀

 

すでに縄張りを張っているオナガサナエ♂もいました。梅雨の本格的な雨もまだですが、川のトンボは夏のものに変わりつつあります。

オナガサナエ
オナガサナエ縄張り♂

 

真昼は産卵イベントは起こらないと思われるので、6月10日のキイロサナエの場所に移動しました。
う~ん、今回もキイロサナエは♂の1頭すら見つかりません。毎年そこそこの数がいたのですが、今年は2回来て全く見つかりません。何が原因かわかりませんが、いなくなってしまったのでしょうか?
多かったのコフキトンボ。

コフキトンボ
コフキトンボ♀

 

コフキトンボ♀は縄張り♂と同じように穂先に止まっているので、ちら見では♂との鑑別がやっかいです。

14:30頃に午前中の川に戻ってきました。
今度はポイントを変え、午前中にやはり♂がいたこういう場所で産卵♀を待ち構えることに。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボの場所

 

コヤマトンボの例で考えると、キイロヤマトンボの採卵は難しいと思われます(2015年8月14日参照)。採卵はコヤマトンボと同じで、産卵されたポイントの砂を持って帰って卵を探し出す地道な方法でいこうと思います。
ここのポイントは川幅の範囲は広いのですが、水深は20cm程度しかなく、流れも極めてゆっくりで午前中の場所よりそういう方法での採卵が簡単そうです。

15:17になり♂よりがっしりしていて明らかに黄色みが強い個体が川下から現れました。キイロヤマトンボ♀です。まず産卵ビデオを撮ろうとしましたが、間違って連写シャッターを押したり何だのでバタバタしてしまい、ポチャッと打水した場所もピンポイントで特定出来ませんでした。結局撮影も、採卵も失敗。作戦変更し、写真は諦めて打水地点の特定に集中することに。
15:40頃に2度目の♀が現れました。今回はポチャッとやった場所を覚えて、そのあたり30cm四方程度の砂を採取しました。もう少し採卵を確実にしたいので、17:00まで粘ってみましたが産卵は結局この2回のみでした。

途中、♂の飛翔写真もトライしましたが下の写真程度でお粗末。キイロヤマトンボはこういう感じで砂底の上を飛んでます。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボ♂の飛翔

 

こちらはコヤマトンボ♂。こういった感じで岸の植生沿いを飛びます。

コヤマトンボ
コヤマトンボ♂の飛翔

(司令塔である)頭を動かさないのはスポーツの基本ですが、トンボは人間の常識を越えてますね。頭に対する体の向きが変です。

その後家で砂を調べましたが、卵は見つかりませんでした。見落としがあるかもしれないので、孵化してこないかもうしばらく砂は保存してみます。
ちなみに午前中の場所でも適当に砂を採集していたのですが、こちらにはアオサナエの4齢ヤゴがいました。アオサナエもこの川ではなかなか見なくなっていますが、ちゃんとここで産卵していたのですね。

お知らせとセスジイトトンボ

セスジイトトンボのトンボ画像と、産卵動画をホームページに追加しました。
コフキトンボの産卵動画を追加しました。

今日は梅雨の合間の貴重な晴れで出動ですが、最優先のキイロヤマトンボ採卵は雨で川が増水しており、まず無理と諦め池に行きます。
オオヤマトンボの採卵と、セスジイトトンボのトンボ画像がないので撮影目的です。

まず昨年6月7日の池に行きますが、全然ダメです。オオヤマトンボ♂のパトロールが数回来ただけでした。他には、コシアキトンボ、チョウトンボ、コフキトンボ、ギンヤンマが主に見られ、すっかりトンボは夏に向かってます。

次に行った池です。セスジイトトンボがたくさんいます。こういう池でオオヤマトンボが当然いそうな雰囲気です。

セスジイトトンボ
セスジイトトンボの池

 

いかにもこの辺にオオヤマトンボが産卵に来そうと写真の岸部分に向かった途端に♀がフラ~とした感じで上から産卵に降りてきました(普通は一直線に斜めに入ってくることが多い)。しかも岸のすぐ側で打水産卵速度のスピードも遅めで捕獲の大チャンスです。
しかし、ありがちな事ですがパトロール♂にやられてしまいました。網を降る前に♀をさらっていかれ、そのまま樹上高くに去ってしまいました。

オオヤマトンボは1回採卵に成功したのですが、その後は5~6回のニアミスはあるものの成功してません。何とかしようと、その後かなり粘りましたが産卵に訪れたのはその1回のみでした。
ちなみに、同じヤマトンボ科のコヤマトンボは産卵♀を捕まえても産卵してくれませんが、オオヤマトンボは尾端をカップにつける方法で成功してます。

セスジイトトンボはたくさんいて産卵もあり、産卵動画もホームページにアップしました。

セスジイトトンボ
セスジイトトンボ♂
セスジイトトンボ
セスジイトトンボの連結産卵

 

ムスジイトトンボとセスジイトトンボはそっくりですが、セスジイトトンボの♂の眼後紋は三角状で間を結ぶ後頭条が普通あり、腹端の上付属器が「ハの字」に開くのが鑑別点になります。

セスジイトトンボ
セスジイトトンボ頭部
セスジイトトンボ
セスジイトトンボの上付属器

 

コフキトンボもかなりいて産卵あり、ホームページに産卵動画をアップしました。
短時間のしょぼい動画しか撮れず、「とりあえずバージョン」です。

ナゴヤサナエのヤゴ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
オナガサナエと、
コフキトンボ
を追加しました。

今日もメインターゲットはミヤマサナエですが、8月15日の場所でナゴヤサナエの採卵がかなり期待出来そうなので、初めにそちらにむかいます。

過去の経験では、ここでは8~9時に産卵や交尾を見る事が多かったので、早めの7時半頃に到着。前回と同じ場所です。

 

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエのいる場所

 

まず、木に止まってお休み中の♀がいないか探しますが、そんな都合のいい話はなくもちろん見つかりません。
♂のパトロールもまだなので、とりあえずヤゴがいないか探してみる事にしました。ざっと探した範囲内で、亜終齢が1頭と終齢の2つ手前(F-2)が2頭いました。

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエ亜終齢
ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエF-2

 

さらっと流してしまいましたが、そこまで多産地でない福岡では、実はナゴヤサナエのヤゴを探すのは大変で、おそらくこれまで報告はないと思います。私は、2012年に筑後川のごく小さな支流で1回見つけ、今回は2回目です。
ただ、ここのポイントはもう絶対にいると断言します!というような環境なので、感想としてやっぱりいたなー程度でした。
ナゴヤサナエは、こういう粘土質に近いような泥底が好きです。

 

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエの好むドロ底

 

サナエトンボのヤゴの中にはジェット噴射で泳ぎ続けるヤゴがいて、ナゴヤサナエ、ウチワヤンマ、アオサナエ、オナガサナエがトップ4です。動画も撮ってみましたが、思ったほど勢いよく泳いでくれませんでした。

 

 

この手のヤゴはほとんど止まってくれず、ホームページ用にきれいに撮影しようとすると大変なのですが、秘策があります。冷却です。ヤゴの水の中に氷をいれて冷却すると、段々動きが鈍くなり、ついには止まってしまうのでその隙に撮影してしまいます。今回ホームページにアップしたオナガサナエの終齢は、そうやって撮影しました。冷やすのを止めると、また元気に泳ぎ出します。
さて、ナゴヤサナエヤゴは顕微鏡モード(黒バックの写真ですね)以外はホームページ素材の撮影は全て終了しているので、リリースします。
そうこうしている内に♂のパトロールも始まり、近くにも止まってくれるようになりました。パトロール中の写真も撮ってみましたが、私の腕前ではこの程度の写真しか撮れません。

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエ♂
尾部の裏側が黄色
ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエ♂パトロール中

 

交尾もナゴヤサナエ確実が2回、あやしいのが2回ありましたが、思惑がはずれ網が届く範囲の木には止まってくれず、いずれも木を飛び越して行ってしまいました。
産卵は気付いた範囲では1回もありませんでしたが、川が大きすぎて川の中央部で産卵されると分からない状態です。このポイントで粘りすぎて時間を使いすぎてしまい、ミヤマサナエの探索時間がなくなってしまいました。
帰りに筑後川の支流に寄ってみました。2-3mくらの川幅しかありませんが、ここで2012年にナゴヤサナエのヤゴを見つけました。

ナゴヤサナエ
ナゴヤサナエヤゴがいた支流

 

そこから少し下流部で、ミヤマサナエのヤゴがいるポイントです。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエヤゴのいるポイント

 

あまり期待はしませんでしたが、やはりミヤマサナエの成虫は見つかりませんでした。ナゴヤサナエでは少し成果がありましたが、ミヤマサナエは相変わらずトンボも見てない状態を更新中です。

それから今日は川で、数少ないトンボ愛好家の方ともお会いしました。最初、筑後川でよく見る釣りをされる方かと思っていましたが、話してみるとこのブログもご存じで、他県から3時間かけてナゴヤサナエの撮影にいらっしゃったそうです。私も、その方が運営されているブログを拝見した事があります。

撮影も無事成功されたとのことで安心しました。

実は、トンボ&ヤゴ道では、メチャクチャがんばった割に何の成果もないなんてこともよくある話なのです。