「若齢ヤゴ高倍率撮影」カテゴリーアーカイブ

若齢ヤゴ高倍率撮影

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の、
クロイトトンボ卵~2齢、シオヤトンボ卵~4齢、ダビドサナエ卵~2齢、ニホンカワトンボ卵~2齢、ムスジイトトンボ卵~2齢を高倍率撮影画像で差し替えました。

クロイトトンボ
クロイトトンボ1齢、左が従来画像、右が高倍率
シオヤトンボ
シオヤトンボ1齢、左が従来画像、右が高倍率
ダビドサナエ
ダビドサナエ1齢、左が従来画像、右が高倍率
ニホンカワトンボ
ニホンカワトンボ1齢、左が従来画像、右が高倍率
ムスジイトトンボ
ムスジイトトンボ1齢、左が従来画像、右が高倍率

若齢ヤゴ高倍率撮影

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の、
オオキトンボ卵~6齢、オツネントンボ卵~3齢、ホソミオツネントンボ卵~3齢を高倍率撮影画像で差し替えました。

オオキトンボ
オオキトンボ1齢、左が従来画像、右が高倍率
オツネントンボ
オツネントンボ1齢、左が従来画像、右が高倍率
ホソミオツネントンボ
ホソミオツネントンボ1齢、左が従来画像、右が高倍率

若齢ヤゴ高倍率撮影

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の、
アオモンイトトンボ卵~2齢、アジアイトトンボ卵~2齢、ハラボソトンボ卵~3齢、ヒメクロサナエ卵~2齢、マイコアカネ卵~2齢、モノサシトンボ卵~2齢を高倍率撮影画像で差し替えました。

アオモンイトトンボ
アオモンイトトンボ1齢 左が従来画像、右が高倍率
アジアイトトンボ
アジアイトトンボ1齢 左が従来画像、右が高倍率
ハラボソトンボ
ハラボソトンボ1齢 左が従来画像、右が高倍率
ヒメクロサナエ
ヒメクロサナエ1齢 左が従来画像、右が高倍率
マイコアカネ
マイコアカネ1齢 左が従来画像、右が高倍率
モノサシトンボ
モノサシトンボ1齢 左が従来画像、右が高倍率

モノサシトンボ卵は先端に突起があるのが特徴です。
従来の卵画像でははっきりしていませんでしたが、差し替え画像ではよく見えるようになりました。

モノサシトンボ
モノサシトンボ卵先端の突起

オオヤマトンボ若齢ヤゴ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の、
オオヤマトンボ卵~7齢を追加・差し替えし、また従来掲載の7齢以後の画像を8齢以後へとずらし変更しました。

8月2日に孵化したオオヤマトンボヤゴが、8月20日に7齢まで脱皮成長しました。
ヤゴの場合1回の脱皮で1.2~1.3倍程度体長増加する事が多いのですが、6回の脱皮の間に1回平均1.4倍ほど体長増加していました。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボヤゴ 1齢と7齢

3日に1回のペースで脱皮を繰り返しており、ヤゴの中ではかなり早い方です。ただ羽化までハイペースで脱皮を重ねるウスバキトンボヤゴとは事なり、これからの脱皮ペースはスローダウンし、最終的に終齢になるのは冬~来春になります。

また、従来の掲載画像では2齢が脱落しており、3齢ヤゴが2齢として誤って掲載されていました。その分の補正も行い、従来掲載分の終齢=13齢が、終齢=14齢となりました。

同時に産卵された兄弟ヤゴでも、成長の過程で羽化までの脱皮回数は1~2齢変化することがあり、終齢までの総脱皮回数は絶対的なものではあくまで目安です。ただ、1~3齢程度のごく若齢のうちは脱皮後のサイズ変化は割とコンスタントで、脱皮回数変化は中期から主に後期に起こります。

若齢ヤゴ高倍率撮影

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の、
コバネアオイトトンボ卵~3齢、ホソミイトトンボ卵~3齢、ヨツボシトンボ卵~2齢を高倍率撮影画像で差し替えました。

左が従来掲載分で、右が今回の差し替え分です。

コバネアオイトトンボ
コバネアオイトトンボ1齢
ホソミイトトンボ
ホソミイトトンボ1齢
ヨツボシトンボ
ヨツボシトンボ1齢ヤゴ

若齢ヤゴ高倍率撮影

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の、
アオイトトンボ卵~3齢、キトンボ卵~5齢、マユタテアカネ卵~5齢ヤゴを高倍率撮影画像で差し替えました 。

アオイトトンボ
アオイトトンボ1齢ヤゴ

左が従来掲載分で、右が差し替え画像です。

キトンボ
キトンボ1齢ヤゴ
マユタテアカネ
マユタテアカネ1齢ヤゴ

若齢ヤゴ高倍率撮影

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
オオイトトンボ卵~3齢、タカネトンボ卵~2齢、ネキトンボ卵~2齢、ハッチョウトンボ卵~3齢、ヒメサナエ卵~2齢を高倍率撮影画像で差し替えました。

左が従来掲載画像、右が今回差し替えた画像です。

オオイトトンボ
オオイトトンボ1齢ヤゴ

 

タカネトンボ
タカネトンボ1齢ヤゴ

 

ネキトンボ
ネキトンボ1齢ヤゴ

 

ハッチョウトンボ
ハッチョウトンボ1齢ヤゴ

 

ヒメサナエ
ヒメサナエ1齢ヤゴ

若齢ヤゴ高倍率撮影

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の、
チョウトンボ卵~3齢、ハラビロトンボ卵~3齢、キイトトンボ1~2齢、チョウトンボ卵~3齢を高倍率撮影画像で差し替えました。

左が以前の掲載画像で、右が今回差し替えた画像です。

チョウトンボ
チョウトンボ1齢幼虫

 

ハラビロトンボ
ハラビロトンボ1齢幼虫

 

ヒヌマイトトンボ
ヒヌマイトトンボ1齢幼虫

 

キイトトンボ
キイトトンボ1齢幼虫

 

ベニトンボヤゴの動きを記録した動画も追加しました。

ベニトンボ
ベニトンボヤゴの生態

若齢ヤゴ高倍率撮影

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の、
ベニトンボ卵~3齢、コフキヒメイトトンボ卵~4齢、クロスジギンヤンマ卵~3齢、トラフトンボ卵~6齢ヤゴを、高倍率撮影画像で差し替えました。

キイロヤマトンボのトンボ画像を追加しました。

左が従来の画像で、右が差し替えた画像です。
画像の撮影には、Free Walker 4~4.5倍マクロレンズ、あるいはolympus tg-5 顕微鏡モード+深度合成を用いています。

ベニトンボ
ベニトンボ1齢ヤゴ

 

 

コフキヒメイトトンボ
コフキヒメイトトンボ1齢ヤゴ

 

クロスジギンヤンマ
クロスジギンヤンマ1齢ヤゴ

 

トラフトンボ
トラフトンボ1齢ヤゴ

 

ヤンマ科は1齢でも十分大きく、また掲載画像は縮小、圧縮してあるので差がわかりにくいですが、元画像の複眼部分を切り出して見ると解像度の違いが明瞭です。

クロスジギンヤンマ
クロスジギンヤンマ1齢ヤゴの複眼

 

この画像はolympus tg-5顕微鏡モード+深度合成で撮影したものですが、コンパクトカメラでこういうのが簡単に撮れてしまうのでテクノロジーの進歩はすごいです。

若齢ヤゴ高倍率撮影

YAGOPEDIAホームページヤゴ図鑑の、
ミヤマアカネ卵~4齢、ナツアカネ卵~2齢、ノシメトンボ卵~2齢、オオルリボシヤンマ卵~2齢を、高倍率撮影画像で差し替えました。

中一光学のFreeWalker 4~4.5倍レンズ(一部はOlympus tg-5の顕微鏡モード深度合成)で撮影した画像で、若齢ヤゴ画像を差し替えました。左が従来の画像で、右が差し替えた画像です。

ミヤマアカネ
ミヤマアカネ1齢

 

ナツアカネ
ナツアカネ1齢

 

ノシメトンボ
ノシメトンボ1齢

 

下のオオルリボシヤンマ1齢はOlympus tg-5の3.0倍顕微鏡モード深度合成で撮った画像です。複眼を拡大していますが明らかに解像度が違います。

オオルリボシヤンマ
オオルリボシヤンマ1齢

 

tg-5の顕微鏡モードは最高で4.0倍まで拡大出来ますが、ヤンマの1齢くらいの大型ヤゴになると4.0倍で撮ると画面からはみ出してしまいます。
昔はマクロレンズとテレコンバーターでなんとか倍率をかせいて撮影していたのが、今はコンパクトカメラで更にいい画像が撮れてしまうのでデジカメの進歩はすごいです。

ただし、最高倍率で撮る場合は被写体がレンズのごく直前になるため、正規品のFD-1などのディフューザーでは近寄り切れないため、どうしても照明セットを自作する必要があります。