「キイトトンボ」カテゴリーアーカイブ

若齢ヤゴ高倍率撮影

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の、
チョウトンボ卵~3齢、ハラビロトンボ卵~3齢、キイトトンボ1~2齢、チョウトンボ卵~3齢を高倍率撮影画像で差し替えました。

左が以前の掲載画像で、右が今回差し替えた画像です。

チョウトンボ
チョウトンボ1齢幼虫

 

ハラビロトンボ
ハラビロトンボ1齢幼虫

 

ヒヌマイトトンボ
ヒヌマイトトンボ1齢幼虫

 

キイトトンボ
キイトトンボ1齢幼虫

 

ベニトンボヤゴの動きを記録した動画も追加しました。

ベニトンボ
ベニトンボヤゴの生態

キイトトンボとヤクシマトゲオトンボの産卵

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
キイトトンボヤクシマトゲオトンボの産卵動画を追加しました。

ヤクシマトゲオトンボの採卵に出かけてきました。2015年8月9日と同じ場所です。
ヤマイトトンボ科は接近しても逃げないので、超広角レンズで10cmくらいまで寄って写真を撮ってみました。この撮り方をすると背景がぼやけずに独特の雰囲気になります。

ヤクシマトゲオトンボ
ヤクシマトゲオトンボ♂

 

産卵動画も撮ってみました。一番最後の日が当たっている部分は、やはり超広角レンズで10cmくらいに迫って撮ったものです。背景自体が近くにあるので、この撮り方はあまり意味がないですね。

ヤクシマトゲオトンボ
ヤクシマトゲオトンボの産卵

 

かなり長く産卵していて、産卵したあたりのスギの枯れ葉などの産卵基質を採取してきたので採卵も成功したと思います。

しかし、こんな所に産卵して大丈夫でしょうか?孵化した幼虫が水に流されて留まれそうにありませんが・・・。それとも今は大雨後で流れがありますが、孵化時期にはしたたる程度の流れになると予見しているのでしょうか?
世界のトンボを見回すと乾期のカラカラに干上がった場所で、降雨何日か前に予見して産卵する種もいるみたいです。

この日撮ったものではありませんが、キイトトンボの産卵動画も追加しました。
撮っている段階では、気づきませんでしたがトンボが飛び上がる直前に水中からマツモムシ?の襲撃をうけていました。水中からマツモムシが迫っています。

キイトトンボ
キイトトンボの産卵

 

♂の方が先に反応しています。歩哨姿勢の♂は空中からの襲撃だけでなく、水中からの襲撃にも備えていたんですね。

キイトトンボ
キイトトンボの産卵

 

マツモムシは見当はずれの場所につかみかかってました。この段階で♀はようやく羽を開いています。的確に攻撃されていたら捕まっていたかもしれません。

キイトトンボ
キイトトンボの産卵

 

ホソミオツネントンボの産卵動画など

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
ホソミイトトンボホソミオツネントンボの産卵動画とトンボ画像、ショウジョウトンボフタスジサナエベニイトトンボキイトトンボヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

いくつか重なっていた仕事もかたづき、天気も良くなったので大分県まで遠征してきました。
3月19日と同じ池でオツネントンボの採卵が目的だったのですが、全然いません。九州北部でオツネントンボを探すのは大変ですし、減ってるような気もします。

ホソミオツネントンボはたくさんいました。産卵も盛んです。

ホソミオツネントンボ
ホソミオツネントンボの産卵

 

ホソミイトトンボも4-5頭いて、産卵もありました。

ホソミイトトンボ
ホソミイトトンボの産卵

 

昼前の時間帯だったのですが、フタスジサナエが岸辺で次々に羽化していました。直立型の羽化で、足の下にヤゴの抜け殻が見えます。

フタスジサナエ
フタスジサナエの羽化

 

フタスジサナエヤゴの動き。家のセットで撮影したものです。

フタスジサナエ
フタスジサナエヤゴの生態

 

あとはショウジョウトンボヤゴも少しいました。側棘がほとんど目立たないヤゴなので慣れると他種と簡単に区別できます。こちらも家のセットで撮影。

ショウジョウトンボ
ショウジョウトンボヤゴの生態

 

あと家で飼育中のベニイトトンンボとキイトトンボヤゴの動画もアップしました。そっくりのヤゴですが、中央鰓上縁鋸歯列の基部からの割合が異なるので、終齢では何となく区別がつきます。

ベニイトトンボ
ベニイトトンボヤゴの生態

 

キイトトンボ
キイトトンボヤゴの生態

 

2017年5月25日追記:

上記のベニイトトンボヤゴの生態動画としてアップしていたものは、実際はキイトトンボヤゴの誤りでした。

上記の2種類のヤゴは、ベニイトトンボ、キイトトンボが共生する池で採取したものです。中央鰓上縁鋸歯列の基部からの割合の違いをざっと見て、ベニイトトンボ、キイトトンボと判定しましたが、羽化させたところ両者ともキイトトンボでした。

キイトトンボ
ベニイトトンボヤゴとしていたが羽化後キイトトンボと判明(羽化中に水面に落下し羽化不全でした)

 

厳密な測定をしなかったために起こったミスですが、両者の鑑別は簡単ではないということですね。

今回、ベニイトトンボしかいない池で採取してきたヤゴを使って、ベニイトトンボヤゴの生態動画を差し替えました。

ベニイトトンボ
ベニイトトンボヤゴ

 

中央鰓はこういう感じです。

ベニイトトンボ
ベニイトトンボヤゴの中央鰓

 

 

 

 

 

アオヤンマ卵

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
キイトトンボ
を追加しました。

6月20日のアオヤンマがねらったとおり、葦の茎に産卵してくれました。

アオヤンマ
アオヤンマ産卵直後卵

 

茎にこんな産卵孔があいています。開くと下の写真のようになっています。

アオヤンマ
アオヤンマの産卵孔
アオヤンマ
茎の内部(孔のそばに卵が塊となって多数産卵されている)

 

アオヤンマの幼虫は、孵化後1頭ずつ産卵孔から脱出して水面下に落下していくという、他のトンボでは見られない孵化行動を見せます。