「ヨツボシトンボ」カテゴリーアーカイブ

ギンヤンマヤゴの生態動画

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
ギンヤンマヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

連日良好な天気です。

まず、ヨツボシトンボがいっぱい出ているだろう、昨年5月15日と同じ池です。
♂♀あわせて20~30頭ほど出ていて、交尾、産卵活動も極めて活発です。
その横で羽化中のヨツボシトンボもいます。毛深さがすごいです。

ヨツボシトンボ
羽化中のヨツボシトンボ

 

さて、目的は空中で交尾中のヨツボシトンボの撮影。
交尾態になるとすぐに他の♂がちょっかいを出して、クルクルと逃げまわるし、交尾も数秒~10秒程度で解かれてしまうしで、極めてやっかいです。
交尾が始まってからファインダーにとらえ、ピントを合わせるのはまず不可能。
交尾がありそうなポイントに予めピントを合わせておき、現れたら連射するというのがベストのようです。
しかし、結果は何とかヨツボシトンボと分かるピンボケのみ。

ヨツボシトンボ
ヨツボシトンボの交尾態

 

まだ、ヨツボシトンボのシーズンはしばらく続くので、次は別の方法を試してみよう。

次は別の池でギンヤンマの生態動画です。昨年12月25日のクロスジギンヤンマヤゴと違って、下唇の内葉片の先は長方形状です。

ギンヤンマ
ギンヤンマヤゴの下顎

 

ギンヤンマヤゴ。明瞭な動画が撮れる前に、ジェット噴射で逃げられてしまい、見失ってしまいました。

ギンヤンマ
ギンヤンマヤゴの生態

ヤゴの生態 オグマサナエなど

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
オグマサナエタベサナエヨツボシトンボヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

今日もヤゴの生態撮影です。
スギ花粉の飛散は少し減ってきましたが、フィールドに出ると目真っ赤で痒すぎです。寒さはやわらいできたものの、個人的にフィールドがベストの時期まではもう少しですねー。

さて、場所は北九州の池でオグマサナエがいます。肢芽もだいぶ膨らんでいて羽化まであと2-3週でしょう。

オグマサナエ
オグマサナエヤゴ

 

タベサナエヤゴもいます。

タベサナエ
タベサナエヤゴ

 

その後、あるヤゴを目指して大分県まで南下してみましたが見つかりませんでした。
途中の池では今日の暖かさにつられて出てきたオツネントンボの成虫がいました。
池辺でエサを捕食していた♂1頭しか見つかりませんでしたが、オツネントンボを見るのは2010年以来久しぶりです。

オツネントンボ
オツネントンボ♂

 

こちらは別の池にいたヨツボシトンボヤゴ。

ヨツボシトンボ
ヨツボシトンボヤゴ