「タベサナエ」カテゴリーアーカイブ

トラフトンボ

GW後半は近場をプラプラしてます。
まずこういう池。

トラフトンボ
トラフトンボの池

 

ホームページのトラフトンボ画像がやらせ画像なので、自然の状態のトンボを撮影しようという目的です。
2~3頭の♂が飛んでおり、一瞬ホバリングするのですがすぐに動き出すので撮影が難しいです。
これが一番ピントがあっていた飛翔画像。

トラフトンボ
トラフトンボ♂

 

♀は見ませんでしたが、トラフトンボの卵紐はありました。水中から撮った画像です。

トラフトンボ
トラフトンボの卵紐

 

次にフタスジサナエを狙ってこんな池。

フタスジサナエ
フタスジサナエの池

 

昨年までコンスタントにフタスジサナエがたくさんいたのに、今年は1頭も見つかりません。なぜ???
池の別の一角にタベサナエがいるのでそちらを見に行ったら、タベサナエは6~7頭の♂がいました。

タベサナエ
タベサナエ♂

 

近くの小規模な池も覗いてみました。

フタスジサナエ
フタスジサナエの池

 

こちらの方は何とかフタスジサナエ♂が1頭のみいました。

フタスジサナエ
フタスジサナエ♂

 

なお、トンボ画像は両方ともolympus tg-5の顕微鏡モードで、ごく近くからアップで撮ったものです(最近のマイブーム)。

こちらは帰ってから撮影した、トラフトンボ卵。

トラフトンボ
トラフトンボ卵

 

すでに細胞分裂が始まっており、産卵後何日かを経過した卵でした。

ヤゴの生態 オグマサナエなど

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
オグマサナエタベサナエヨツボシトンボヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

今日もヤゴの生態撮影です。
スギ花粉の飛散は少し減ってきましたが、フィールドに出ると目真っ赤で痒すぎです。寒さはやわらいできたものの、個人的にフィールドがベストの時期まではもう少しですねー。

さて、場所は北九州の池でオグマサナエがいます。肢芽もだいぶ膨らんでいて羽化まであと2-3週でしょう。

オグマサナエ
オグマサナエヤゴ

 

タベサナエヤゴもいます。

タベサナエ
タベサナエヤゴ

 

その後、あるヤゴを目指して大分県まで南下してみましたが見つかりませんでした。
途中の池では今日の暖かさにつられて出てきたオツネントンボの成虫がいました。
池辺でエサを捕食していた♂1頭しか見つかりませんでしたが、オツネントンボを見るのは2010年以来久しぶりです。

オツネントンボ
オツネントンボ♂

 

こちらは別の池にいたヨツボシトンボヤゴ。

ヨツボシトンボ
ヨツボシトンボヤゴ