「オジロサナエ」カテゴリーアーカイブ

コシボソヤンマヤゴの生態動画

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
コシボソヤンマヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

そこそこ珍しい種を追いかけているので、最近のフィールド活動は低調を極めています。2-3年前は狙いの種がいたはずなのに行ってみると全くいなかったり、草地に足を踏み入れた瞬間にサラサヤンマ♀が飛び上がって、産卵してたことに気づくものの後の祭り、なんてことの繰り返しです。

今日も、キイロサナエの産卵ムービーを撮り直そうと、2015年6月14日の場所に行ってみたのですが♂の姿すら全く見ません。ここの場所のピークはもう少し遅い気がするので、一応再トライしてみるか・・・。

気を取り直して昨年7月30日の場所へヤマサナエの採卵でもと移動。
川の岸にヤマサナエ♂が点々と縄張りを張っているはず・・・。
・・・ここも、やはりいません。何とか♂が1頭いるのみ。
しばらく待ってみましたが♀は来ません。すべて空振りは空しいので、何とかコシボソヤンマヤゴを探し出して生態動画を撮ってみました。

コシボソヤンマ
コシボソヤンマヤゴ

 

他にいたのは、ついさっき羽化したばかりのオジロサナエ♂など。

オジロサナエ
オジロサナエ♂テネラル

 

こんなことの繰り返しなので、せめて普通種のトンボ写真を撮りためて整理していたところ、過去のブログ記事でトンボの同定間違いをしていたことに気づきました。
昨年7月17日の記事でコシアキトンボ未熟♂としていたのは、オオシオカラトンボ未熟♂の間違いです。加筆訂正しました。

この画像。

オオシオカラトンボ
オオシオカラトンボ未熟♂

 

確かにフィールドガイド「日本のとんぼ」には、コシアキトンボ♀の注釈にオオシオカラトンボ♀と似ると書いてはあります。しかし、トンボのサイズも違うし”普通間違えないよね~”と思っていました。

でも、しっかり間違えてしまいました。思い込みで画像をよく見ていなかったんですね。

なお、オオシオカラトンボ未熟♂とオオシオカラトンボ♀は、腹部末端の側方へのでっぱりをよく見ないと(♀は広がっている)間違えやすいです。

オジロサナエの産卵

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
オジロサナエの産卵動画とトンボ画像を追加しました。

オジロサナエの産卵動画目的で川に行ってきました。
こういう場所で平地にあり、岩がゴロゴロした何の変哲もない浅い流れです。
普通オジロサナエは渓流のトンボという印象があるのですが、ここにはオジロサナエが生息しています。

オジロサナエ
オジロサナエの場所

 

8時頃に川に着きましたが流れに入るなり、私の腕に止まって産卵しようとするコシボソヤンマ♀の洗礼を受けました。結構痛いということなのであわてて追い払います。

コシボソヤンマ
コシボソヤンマ♀→コシボソヤンマ♂

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年8月7日追記

上記画像は腕に産卵にきたのと別のコシボソヤンマですが、よく見ると上付属器の間に下付属器がはっきりと写っており♂の間違いですね。川面の草影から舞い上がって枝に懸垂したので先入観で♀と決めつけていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

川を移動するとコオニヤンマが多くざっと10頭くらいはいます。

コオニヤンマ
コオニヤンマ♂

 

コオニヤンマは枝に止まる時は、いつも長い脚をもてあましているように見えます。不格好に長い脚を折り曲げて枝を挟んで止まるのですが、この個体は左前脚がジャマみたいで上によいしょと持ち上げていました。
コオニヤンマは大食漢のトンボとしても有名ですが、チョウやトンボの獲物を、この棘だらけの長い脚で捕獲します。

オニヤンマも1-2頭飛んでいます。枝に止まる時はこんな感じで、サイズ的はコオニヤンマと同じく大型種ですが、こちらが普通のトンボの止まり方です。

オニヤンマ
オニヤンマ♂

 

最近久しぶりに訪れると目的のトンボが激減していることが良くあるのですが、オジロサナエは健在でした。何カ所かに分かれて2-3頭づつ♂が縄張りを張っています。

オジロサナエ
オジロサナエ♂

 

♀の産卵も4回ありました。動画のような感じで、岩に止まって尾端を振るわせて卵塊を作り、それを打水産卵していく方法です。

オジロサナエ
オジロサナエ♀の産卵

 

渓流であれば涼めるのですが、ここは平地の川。
猛暑に参ってしまい、昼には引き上げました。

ヤゴ生態動画 クロサナエなど

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
クロサナエオジロサナエミルンヤンマヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

今日もヤゴの生態動画撮影です。
場所は5月22日と同じ場所です。
こういう砂底を中心に探していきます。

クロサナエ
クロサナエの砂底

 

撮影出来たのはクロサナエ。終齢ヤゴですが尾部にクロサナエ♂の特徴(両側にはみ出す突起)が見られます。ダビドサナエ系は10数頭程度いました。

クロサナエ
クロサナエヤゴ

 

オジロサナエ。10頭弱いました。

オジロサナエ
オジロサナエヤゴ

 

ミルンヤンマ。

ミルンヤンマ
ミルンヤンマヤゴ

 

他にいたのは、ヒメクロサナエが10数頭、アサヒナカワトンボが数頭程度でした。