「コオニヤンマ」カテゴリーアーカイブ

ミヤマサナエ探し

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の、
タカネトンボ産卵動画を、産卵様式の特徴がわかる動画と差し替えました。

8月13日~14日はミヤマサナエ探しをしていました。

8月13日は大分県をウロウロ。まず、エゾトンボが見られる湿地に立ち寄りましたが、今年は暑すぎて早くもシーズンオフでしょうか?。全く気配がありません。

次に、以前ミヤマサナエのヤゴがたくさんいた九重高原の川へ移動。ヤゴが生息していた部分はかつては橋があり、その近辺にいい具合に砂泥があったのですが、今は橋もなくなり川の流れも速くなっています。それでも、雰囲気的にはいい感じですがミヤマサナエはいませんね~。さらに上流に移動。いるのは無数のミヤマアカネ。福岡ではこんな川は考えられずグッド。

ミヤマアカネ
暑い中、石上のミヤマアカネ

 

あとは10頭程度のオナガサナエ。

オナガサナエ
オナガサナエ♂

 

ミヤマアカネとオナガサナエはいますが、肝心のミヤマサナエはやはりいません。これで8月13日は終了。

8月14日は、福岡の筑後川に移動しました。筑後川沿いの砂泥中からミヤマサナエヤゴはよく見つかります。2015年8月23日と同じ場所です。下図の部分や近辺の川岸の石上などを探します。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエヤゴがいた場所

 

やはりミヤマサナエはいません。いるのは数頭のコフキトンボやアオモンイトトンボのみ。

コフキトンボ
コフキトンボ

 

時期的には川面をナゴヤサナエが飛んでいてもおかしくないのですが、そちらもいません。2016年以後はナゴヤサナエもまともに見ていません。

さて、最後はまたまた背振山頂に移動。葉上になんとかミヤマサナエ♂が1頭いました。

ミヤマサナエ
葉上のミヤマサナエ♂

 

タカネトンボの池で産卵動画を撮り直しました。
タカネトンボは少し変わった産卵様式をとり、今度の動画ではそれがよくわかります。
普通のトンボだと下の画像の打水で産卵ですが、タカネトンボは違います。ここでは産卵弁に水滴をためているだけ。

タカネトンボ
打水するタカネトンボ

 

産卵弁にためた水滴中に排卵します。

タカネトンボ
産卵弁の水滴に排卵

 

こっちが本当の産卵。体を振って水滴といっしょに卵を水際の植物などにふりかけます。

タカネトンボ
タカネトンボの産卵

 

他にいたトンボは、ウスバキトンボ多数、オニヤンマ少々、エサを求めて山頂まで上がってきたコオニヤンマ1頭。

コオニヤンマ
山頂のコオニヤンマ

 

上方に気をつけながら歩くとネキトンボ♀も10頭程度いました。下の画像は5mくらい上の電線上にいたネキトンボ♀。

ネキトンボ
ネキトンボ♀

 

結局、今回もミヤマサナエ探しは不発に終わりました。もはや山頂でしか見つかりません。いったいどこにいるのでしょうか。

若齢ヤゴ高倍率撮影

ウチワヤンマ卵~3齢、タイワンウチワヤンマ卵~2齢、コオニヤンマ卵~3齢、コヤマトンボ卵~2齢を高解像度画像で差し替えました。
オオヤマトンボの5齢画像が欠落していたので補充し、3~6齢画像を同一個体の画像で差し替えました。

今の所キイロヤマトンボとミヤマサナエの2種は採卵が出来ていません。
ミヤマサナエについては、今年はかろうじて2カ所の山頂で避暑中の個体は見ることが出来ました。
ここの所ミヤマサナエの採卵のため、いくつかの川を探しまくっていましたが今年もやはり駄目なようです。う~ん、難しい。

さて、中一光学の4.5倍マクロレンズで撮影しなおした卵~若齢ヤゴが4種ほど出来上がりましたのでホームページの画像を差し替えました。

左が従来画像で右が差し替えた1齢画像です。

ウチワヤンマ
ウチワヤンマの1齢画像

 

タイワンウチワヤンマ
タイワンウチワヤンマの1齢画像

 

コオニヤンマ
コオニヤンマの1齢画像

 

コヤマトンボ
コヤマトンボの1齢画像

 

オオヤマトンボも5齢画像の撮影に失敗していて、今までその画像が欠落していましたが、フィールドのドロから3齢ヤゴを見つけましたので、6齢まで育てて画像を補充しました。

コオニヤンマの産卵

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
コオニヤンマの産卵動画とトンボ画像を追加しました。

7月30日と同じ場所です。
目的はコオニヤンマの産卵動画。
前回8:00以降で産卵が見られなかったので、もっと早い時間かも?と6:30頃に来てみました。
コシボソヤンマは早くも縄張りしています。いかにも産卵に良さそうな流木がある場所の回りを、5カ所ほどに分かれて水面すれすれにグルグル回っています。

コシボソヤンマ
コシボソヤンマ♂

 

コオニヤンマは交尾は見られるものの、産卵は結局9:00頃になりようやく1頭現れました。

コオニヤンマ
コオニヤンマ交尾

 

座っていた場所の1mくらい手前に突然♀が現れたのですが、カメラについていたのは最短焦点距離1.5mの300mmズームレンズ。ヘタに動くと逃げられるので、体を反らしてなるべくカメラを離してようやく焦点が来ました。結構長く産卵してくれたのですが、焦点が何とか合ったのは撮影時間の半分くらいでした。
時々あるレンズトラブルですが、結局産卵に来たのはこの1回のみで何とか撮影出来たものの残念な結果でした。

コオニヤンマ
コオニヤンマの産卵

 

オジロサナエの産卵

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
オジロサナエの産卵動画とトンボ画像を追加しました。

オジロサナエの産卵動画目的で川に行ってきました。
こういう場所で平地にあり、岩がゴロゴロした何の変哲もない浅い流れです。
普通オジロサナエは渓流のトンボという印象があるのですが、ここにはオジロサナエが生息しています。

オジロサナエ
オジロサナエの場所

 

8時頃に川に着きましたが流れに入るなり、私の腕に止まって産卵しようとするコシボソヤンマ♀の洗礼を受けました。結構痛いということなのであわてて追い払います。

コシボソヤンマ
コシボソヤンマ♀→コシボソヤンマ♂

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年8月7日追記

上記画像は腕に産卵にきたのと別のコシボソヤンマですが、よく見ると上付属器の間に下付属器がはっきりと写っており♂の間違いですね。川面の草影から舞い上がって枝に懸垂したので先入観で♀と決めつけていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

川を移動するとコオニヤンマが多くざっと10頭くらいはいます。

コオニヤンマ
コオニヤンマ♂

 

コオニヤンマは枝に止まる時は、いつも長い脚をもてあましているように見えます。不格好に長い脚を折り曲げて枝を挟んで止まるのですが、この個体は左前脚がジャマみたいで上によいしょと持ち上げていました。
コオニヤンマは大食漢のトンボとしても有名ですが、チョウやトンボの獲物を、この棘だらけの長い脚で捕獲します。

オニヤンマも1-2頭飛んでいます。枝に止まる時はこんな感じで、サイズ的はコオニヤンマと同じく大型種ですが、こちらが普通のトンボの止まり方です。

オニヤンマ
オニヤンマ♂

 

最近久しぶりに訪れると目的のトンボが激減していることが良くあるのですが、オジロサナエは健在でした。何カ所かに分かれて2-3頭づつ♂が縄張りを張っています。

オジロサナエ
オジロサナエ♂

 

♀の産卵も4回ありました。動画のような感じで、岩に止まって尾端を振るわせて卵塊を作り、それを打水産卵していく方法です。

オジロサナエ
オジロサナエ♀の産卵

 

渓流であれば涼めるのですが、ここは平地の川。
猛暑に参ってしまい、昼には引き上げました。

今年もキイロヤマトンボ探し

今年もキイロヤマトンボの採卵を狙っての第1ラウンドです。
地元の川の期待していた場所が6月10日に確認するとアウト状態だったので、午後だけですが佐賀まで行ってきました。

まず、昨年6月11日と同じ場所。この林道でヤマトンボ系が摂食したり休んだりするので最初にブラブラと探索。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボ探しの場所1

 

これなんか細身で小型だったので、キイロヤマトンボを期待したのですが、写真に撮ってみるとコヤマトンボでした。

コヤマトンボ
休憩中のコヤマトンボ♂

 

他は、コオニヤンマが出始めてました。

コオニヤンマ
コオニヤンマ♂

 

この階段の側面に見えるのは全てオナガサナエの羽化殻です。この傍だけでざっと30くらいの羽化殻がありました。いろんなトンボが減少している中で、全く減っているように見えないオナガサナエ。さすがです!。
対岸には植生もあり、そこの水面に羽化中に落下したっぽい羽化不全の♂も浮いており、ここ1-2日に羽化が始まったのではないかと思います。

オナガサナエ
オナガサナエの羽化殻

 

しばらく居ましたが川面をパトロールするヤマトンボ系の影もないので、次の場所に移動。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボ探しの場所2

 

岩の間を下る早い流れに点々と打水産卵するヤマトンボ系♀が1頭いて種類は確認できませんでしたが、これまでの経験ではこういう流れが早い場所に産卵するのはきっとコヤマトンボです。

次の場所。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボ探しの場所3

 

10年前はここにはキイロヤマトンボのヤゴがザクザクいたのですが、今はわずかにいる程度です。しかも、最近の晴れ続きで水量も減っており、見るからに駄目駄目な雰囲気・・・でっ、実際駄目でした。

福岡の地元の川は、明らかに2009年のゲリラ豪雨がトンボ減少の原因ですが、佐賀でも激減しているのは一体なぜでしょう?

というわけで、今年も第1ラウンドはあっけなく敗退です。

幸い、梅雨にもかかわらず好天続きで調査はしやすいので、次は地元の川を調べてみようと思います。こうなると、何とか♂のパトロールだけでも確認したいもんです。

ヤゴの生態動画 キイロヤマトンボなど

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
アサヒナカワトンボコオニヤンマコヤマトンボキイロヤマトンボヤマサナエヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

ヒメクロサナエヤゴの動画を、終齢ヤゴの動画と差し替えました。

ドボンと水に沈めて撮影できるOlympus tg-4の水中動画撮影が面白いです。今日もヤゴの動画撮影目的で川に行ってきました。

問題点はカメラを水中に沈めると角度によっては液晶が反射で全く見えなくなることです。少し工夫をしてみました。
当初はスマホからカメラをコントロールするアプリOl.shareを使って、スマホ画面を見ながら撮影しようと思っていたのですが、残念ながらアプリにあるのは写真用シャッターのみで動画用シャッターが用意されていません。
そこで百均で買ったコンパクトミラーを写真のように工作。鏡をおおうカバーはアルミ製でハサミで切れるのでカット。他にネットで666円で買ったゴリラポッド風三脚を用意しました。簡易的なクイックシュー仕様となっています。

カメラ
カメラ用ミラー作成

 

クイックシューネジとカメラの間にコンパクトミラーをセット。

カメラ
カメラ用ミラー作成

 

必要な場合は三脚をつけて使うことも出来ます。鏡の角度も液晶が見やすい角度に変えられるので、鏡に映った液晶の映像を見ながら撮影することが出来ます。

カメラ
カメラ用ミラー作成

 

さて向かった先は自然度が高いものの2009年ゲリラ豪雨で、生態系ダメージをこうむってしまった9月25日と同じ川です。
こういう川底で以前はキイロヤマトンボやアオサナエヤゴがそこそこいました。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボヤゴがいる川底

 

キイロヤマトンボは今年孵化したと思われる若齢ヤゴ1頭しか見つかりませんでしたが、とりあえず今年も産卵はあったようです。
多いのはダビドサナエヤゴですが、7-8頭しか見つかりません。
他は、ヤマサナエヤゴが1頭。

ヤマサナエ
ヤマサナエヤゴ

 

コオニヤンマの終齢ヤゴが2頭。

コオニヤンマ
コオニヤンマヤゴ

 

少し下流に移動しました。川底はこういう感じで泥や枯葉も少し堆積しています。

コヤマトンボ
コヤマトンボヤゴがいる川底

 

以前は、こういう所にはコヤマトンボのヤゴがウジャウジャいる感じでしたが、終齢2頭しか見つかりませんでした。

コヤマトンボ
コヤマトンボヤゴ

 

キイロヤマトンボの終齢ヤゴも2頭潜んでいました。やや砂礫が混じった程度のきれいな砂底で見つかることが多いヤゴですが、こういう所にいる場合もあります。他に若齢ヤゴも周辺に2頭いました。キイロヤマトンボ採卵はまだ成功していませんが、この場所は来年少し期待が出来そうです。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボヤゴ

ムカシトンボヤゴの摩擦音

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
コオニヤンマと、
ナツアカネ
を追加しました。

9月12日の活動です。曇りのさえない天気でトンボの活動はあまり期待できないので、またまた9月5日のムカシトンボの場所に行ってきました。

ムカシトンボのヤゴは捕まえると、腹部を動かしてシャカシャカと音をたてます。ホームページ素材用に、その撮影です。
終齢に近いヤゴが必要なので、9月5日の場所より100mくらい下流を探します。大きめのヤゴはこの辺の方が探しやすいのです。ムカシトンボは流れ下る渓流で5-6年間ヤゴ時代を過ごすので、なんだかんだで成長中流下してしまうことも多いようです。
すぐに終齢2頭と若齢4頭が見つかりました。終齢1頭だけ撮影用に持ち帰ります。こんなふうに音をたてます。

 

9月13日も色々活動したのですが、全てハズレでした。よくあることですが、King of ハズレの日で写真すらなしです。