「アキアカネ」カテゴリーアーカイブ

対馬でタイリクアキアカネ探し2日目

対馬探索2日目。
本日は帰りのフェリーの時間に間に合うためには、12:30頃がタイムリミットになります。産卵は早くても10:30頃からなので実質活動時間は約2時間。ということで、昨日のアキアカネの産卵ペアが集まる湿地を集中攻撃。

7ペアくらい捕獲しましたが、1頭を除いては典型的なアキアカネ。
怪しかったのはこれ。交尾♂も同時に採取出来れば参考になるのですが、交尾を解いた後に単独で捕獲した♀です。翅胸第1側縫線に沿う黒条が小さいです。

アキアカネ
怪しいアキアカネ♀の翅胸

 

全体的に小型で、翅脈は前縁が橙色、しかも、こういう角度で撮ると顔面の凹凸が目立って見えます。フィールドでこういう写真のみをゲットすると、タイリクアキアカネいたっ!、となりそうな個体です。

アキアカネ
上アキアカネの斜め画像。頭部の斑紋が凹凸状に見える。

 

しかし、尾端部を見てみると・・・、うーん、やっぱりアキアカネでしょうね。

アキアカネ
上アキアカネの尾端部

 

あるいは、対馬には中間的な個体もいるとのことなので、こういう個体のことでしょうか?
採卵を試みましたが、本日の産卵分は終わったみたいで採れませんでした。

対馬は3回目ですがタイリクアキアカネが疑わしいのは何頭かいましたが、結局はハズレだったと思います。もう少し長期に滞在して探さないと難しそうです。

さて、ここから先は完全に脱線です。

今回はフェリーの夜行便で、北対馬の比田勝に渡りました。
ネット検索で安眠は期待出来ない旅になるだろうと予想されましたが、情報は十分とはいえず、今後の検索にひっかかってくるように少し詳しく書いてみます。

まずキーワードとしては、対馬、博多、比田勝、フェリー、快適?、眠れる?、寝れる?といったところ。

対馬に渡るには、飛行機、高速船のジェットフォイル(高速船というだけあって、時々不明生物=クジラとぶつかってニュースになります)、フェリーの3手段があります。
対馬の中心地は南にある厳原でこちらに渡るのが一般的です。また、対馬の北端から南端まで移動しようとすると100kmくらいの距離があり、決して侮ってはいけません。
今回は北対馬探索のため、北にある比田勝行きのフェリーを使いました。中心地、厳原行きのフェリーより小型で乗客定員は200名強。トラックと比較しても、そう大きくない船であることが分かると思います。

フェリー
比田勝に渡るフェリーげんかい

 

事前ネット調査で、そうとう揺れそうなのでアイマスク、耳栓(粘土状のシリコンで耳孔の形に合わせて耳に詰め込んでいくタイプ)、酔い止め(=眠くなる成分が主体)を準備しました。

アイマスク
安眠3点セット

 

また、1等客室などはなく、板張りのスペースで皆で雑魚寝です。フェリーに入っていく車はほとんどがトラックでしたが、乗客は対馬在住と思われる方が多かったです。

休憩スペース
板張りの休憩スペース

 

備品はこのマクラのみ。あと50円だか100円だかで毛布を貸し出ししてくれます。

マクラ
備品のマクラ

 

キャンプに良くいくので、所持しているエアーマットも持参しました。500gくらいの超軽量で寝心地・保温性もいいすぐれものですが、値段はかなりの代物です。

エアーマット
持参したエアーマット

 

さて、22:30出航で23:00には消灯。薄暗い明かりはそのまま点灯されており、真っ暗ではなくそこそこ明るいです。
耳栓をしていてもエンジン音はかなりうるさいレベルで揺れも強いのですが、酔い止めとアエーマットのおかげで無事入眠。
4:20に比田勝到着で、その30分くらい前に電気が再点灯され放送が流れます。車やバイクは下船させる必要がありますが、他の乗船客は7:00まで船内に残って寝ることが出来ます。

私の場合はいったんバイクを下ろす必要がありましたが、また船内に戻り7:00まで寝ることが出来ました。
7:00に下船。万全の下準備をしたので割とさわやかな朝を迎えることが出来ました。しかし、準備なしで臨むと睡眠不足の悲惨な朝を迎えることになると思います。最低限、酔い止めは準備した方がいいと思います。

フェリー
対馬比田勝の朝

対馬でタイリクアキアカネ探し1日目

11月3日~4日はタイリクアキアカネを探しに、定着しているらしい対馬に出かけてきました。対馬は2015年10月12日2017年10月8日に続いて3回目となります。

時間を有効に使うため、前日の11月2日の夜にバイクに乗ってフェリーで渡ることにしました。今回は、今までと違って北対馬を探索します。

11月3日の9:00頃に狙ったポイントに到着。こういう感じの湿地っぽい場所が広がっています。

湿地
湿地

 

水が少したまっているポイントもありますが、ほとんどの場所の地面は乾いていました。

湿地
湿地の水たまり

 

まず最初に目に入ったのはマユタテアカネ♂。九州北部では今の時期は、最も普通にいるアカネです。

マユタテアカネ
マユタテアカネ♂

 

小型で胸部の斑紋が目立たず、タイリクアキアカネ♀かっ?とはっとさせられるマユタテアカネ♀(サイズがかなり違うので、今回の探索でようやく惑わされないようになりました)。

マユタテアカネ
マユタテアカネ♀

 

オアナガアカネも定着しているようですが、顔が白いアカネがいて期待したもののマイコアカネ♂。

マイコアカネ
マイコアカネ♂

 

さて、タイリクアキアカネですが最初に怪しかったのはこの♀。

アキアカネ
アキアカネ♀

 

フィールドガイド「日本のトンボ」から引用した図ですが、下記が両者の鑑別点になります。タイリクアキアカネの方が、(1)顔面の黒い斑文の凹凸が目立つ、(2)翅胸第1側縫線に沿う黒条が小さい、(3)腹端背面の形態の違い。

タイリクアキアカネ
タイリクアキアカネの鑑別(日本のトンボより改変・引用)

 

この個体は、(2)はクリアーしていますが、(1)は満たさず。

アキアカネ
翅胸~頭部の拡大

 

また、(3)も満たさずで却下。

アキアカネ
腹端拡大

 

11:00頃になり、アキアカネが産卵に集まっている水たまりを見つけました。

アキアカネ
アキアカネが産卵に来る湿地

 

以後は交尾ペアの捕獲作戦。6-7ペアの産卵♂♀を捕まえて調べましたが、一番怪しかったのがこれ。

アキアカネ
怪しいアキアカネ♀翅胸拡大

 

(2)はクリアーしていますが、(1)を満たさなかったのでリリース。

アキアカネ
尾端部拡大

 

(3)に関してはタイリクアキアカネっぽいですが、正面から撮れてない事を補正すると、やっぱりアキアカネ?
(11月6日追記:尾端部写真を再検討してみましたが、前述の個体の尾端部とは明らかに異なりますし、産卵弁も小さめですし、タイリクアキアカネの可能性の方が高いでしょうか?リリースしてしまったことが悔やまれます。)

13:30くらいになると、産卵はほぼ終了。その後は、他に良さそうな湿地部がないかウロウロと探索。
14:30頃になると、もうお休み体勢になった個体が柵の棒の上で多く見られるようになってきました。

アキアカネ
柵のポール上で休むアキアカネ♀

 

撮影しても逆光になって鑑別出来ない事が多いので、捕まえられるのは捕まえて調べてみました。全て典型的なアキアカネでした。私以外にも、柵の先端にはハンターが待ち構えていました。

カマキリ
トンボを待ち受けるカマキリ

 

11月3日はこれで終わり。ちなみに下は典型的なアキアカネの翅胸です。

アキアカネ
典型的なアキアカネ♀の翅胸

 

こちらは、翅胸第1側縫線に沿う黒条が小さめの個体。

アキアカネ
翅胸の斑紋が小さめのアキアカネ♀

 

明日も同じ場所で産卵ペア捕獲作戦決行予定です。

ノシメトンボの尾部付属器役割

昨年11月12日より1カ月早いですが、大分県九重の全く同じコースでトンボ探しをしました。

まず、初日にバーベキュー + 昨年覚えた焚き火でのアヒージョと焼きリンゴを堪能。

焚き火
焚き火でのアヒージョと焼きリンゴ

 

翌日は九重川沿いの田園地帯でトンボ探し。
福岡ではなかなか見られなくなった、アキアカネ、ナツアカネ、ノシメトンボが普通にいるいい場所です。
アキアカネの交尾態もいましたが、産卵シーズンはこれからがピークみたいで滞在時間内には産卵は見られませんでした。めぼしいイベントは見られなかったのですが、トンボたちの警戒心が薄いので、olympus tg-5の顕微鏡モードで寄りまくっての写真を量産。

ノシメトンボ
ノシメトンボ♂

 

ノシメトンボ
ノシメトンボ♀

 

ナツアカカネ
ナツアカカネ♂

 

アキアカネ
アキアカネ♀

 

下はノシメトンボの交尾態ですが至近距離でも全く逃げないので深度合成撮影。近くの電柱や林までくっきりと写っており、生理的には変な感じがする写真になってしまいました。

ノシメトンボ
ノシメトンボ交尾態

 

更に、♀の羽をつかんでみると容易にキャッチ出来ました。つかまえても交尾態が解けないので、今後は♂の付属器が♀の頭部を挟んでいる様子を拡大撮影。

ノシメトンボ
ノシメトンボ交尾態頭部拡大

 

右上の楕円内は露出を上げた画像ですが、♂尾部付属器の先端のごく一部で♀頭部をつかんでいます。♂腹部第9,10節間には発達した筋肉も見えています。

ノシメトンボ
ノシメトンボ交尾態頭部拡大

 

♂は一瞬で♀をキャッチするので、種ごとに尾部付属器がスルっとキャッチ部に滑り込みやすいように最適化されているんでしょうね。

背振山頂のミヤマサナエ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の、
ミヤマサナエトンボ画像を差し替えました。

昨年8月19日と同じ場所にミヤマサナエ探しに行ってきました。
ミヤマサナエは前生殖期は山頂などの高地で過ごし、成熟すると平地の川へ下って行きます。
ミヤマサナエはキイロヤマトンボと共に採卵が成功していない種ですが、ここの所平地の川ではなかなか見つけられません。
山頂での交尾はちゃんと記録されており、うまくいけば山頂で採卵出来るかもというもくろみです。

背振山山頂から。広角レンズで撮ってみましたが、景色の雄大さは全く表現できず。標高1000mくらいあり平地より6℃は気温が低いと思いますが、やはり暑いです。

背振山
背振山山頂からの景色

 

面白いもので、昨年いたのと同じポイントの道路上に今年もいました。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエがいた道路

 

ミヤマサナエ
ミヤマサナエ♀

 

ミヤマサナエ
ミヤマサナエ♂

 

50cm四方くらいの間に3頭集まっているポイントもありました(写ってませんが手間にさらに♀が1頭います)。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエ複数

 

♂はのんびりしたもので♀に全く興味を示さず、採卵は時期的に無理そうです。
昨年と違って平日で観光客も少なく車が通らないのでゆっくり撮影出来ました。また、トンボも警戒心が薄く近寄っても逃げません。
下は超広角レンズでトンボの5cmくらい手前まで寄って撮影した♀です。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエ♀

 

他にいたのはオニヤンマやウスバキトンボが多め、オオシオカラトンボ2-3頭。ここまで昇ってきて林道沿いを行ったり来たりするコヤマトンボ♂も1頭。枝先にアキアカネ♂も1頭。アキアカネも未熟なうちは高地に避暑に来ます。

アキアカネ
アキアカネ♂

 

ミヤマサナエは最低4~5頭はいましたが、採卵には時期が早すぎたようです。避暑も兼ねて採卵可能か今後もここに訪れてみようと思います。

ヤゴの生態動画

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
アキアカネコノシメトンボサラサヤンマタイリクアカネナツアカネミヤマアカネリスアカネヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

いずれも飼育個体をセットで撮影したものです。上のうち、6種はアカネのヤゴなのでよく見ると側棘などに違いはあるものの、ほぼ同じような動画です。

 

アキアカネ
アキアカネヤゴ

 

コノシメトンボ
コノシメトンボヤゴ

 

サラサヤンマ
サラサヤンマヤゴ

 

タイリクアカネ
タイリクアカネヤゴ

 

ナツアカネ
ナツアカネヤゴ

 

ミヤマアカネ
ミヤマアカネヤゴ

 

リスアカネ
リスアカネヤゴ

アキアカネの産卵

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
アキアカネの産卵動画を追加しました。

大分の九重にキャンプ&紅葉観光に行ってきたついでに、アキアカネの産卵動画を撮ってきました。

たき火
キャンプ場でたき火

 

この時期のキャンプの醍醐味、たき火。シナモンシュガーとバターを仕込んで熾火の上で作った焼きリンゴが絶品でした。隣のシェラカップはアヒージョで、こちらもずっとグツグツしているのでおいしいです。

吊り橋
夢の大吊橋

 

夢大吊橋の場所も紅葉がピークでした。ここを訪れた後にアキアカネの産卵を撮りに行ったのですが、帰りに大吊橋を通過した12:00頃は駐車場に止まる車が道路をふさいでいて大渋滞でした。

アキアカネ
アキアカネの産卵

 

さて、狙いのアキアカネ産卵。明け方は寒くて氷も張る九重ですが、アキアカネもナツアカネも元気でした。稲刈り後の田んぼは乾燥気味で滞水部も少なく、大部分のアキアカネは田んぼ傍の川岸の水たまりで打泥産卵していました。

ナツアカネ
ナツアカネの産卵。下に落下中の卵が見える。

 

ナツアカネも多く、こちらは田んぼで打空産卵していました。

対馬で飛来種探し

2015年10月12日に続き2回目の対馬探索に行ってきました。
狙いはタイリクアキアカネの採卵。対馬には飛来種であるタイリクアキアカネとオナガアカネが定着しているかも?ということなので。

まずググッてヒットしたこの場所へ。

対馬
対馬の岬

 

google mapで見る限り、近くに田んぼや水場もなく期待薄なのですがとりあえず行ってみました。ウスバキトンボがたくさんいるだけで秋に活動するアカネ類は全くいません。ということで早々と第2地点へ。
しかし、後から考えるに「定着している」情報にまどわされていたかも?です。海辺近くを十分に探す飛来種探し姿勢に欠けていました。もっと海辺近くまでアプローチしとけば良かった。

さて第2地点。ここは海辺の近くで田んぼもあります。

対馬
スナアカネがいた草地

 

今や福岡でも毎秋コンスタントに見られ、ありがたみは半減しているのですが、飛来種のスナアカネがいました。♂が10頭くらいで♀が6-7頭。

スナアカネ
スナアカネ♂

 

スナアカネ
スナアカネ♀

 

これだけの数の♀が草に止まっているのを見たのは初めてなので、一応遠征の収穫はありです。動いた♀を♂がキャッチして交尾態が1回見られたのですが、着地地点は特定出来ず残念ながら撮影は出来ませんでした。

ナツアカネ
ナツアカネの田んぼ

 

いかにもナツアカネ、アキアカネの産卵に適した田んぼも近くにあるのですが、ナツアカネとマユタテアカネが少々いる程度でアカネ類は予想を裏切る少なさです。

ナツアカネ
ナツアカネ♂

 

ところで、対馬は幹線道路もすれ違いが大変な狭い道路が多いですねー。運転が結構大変でした。そのせいか、あるいは高速道路がないせいなのか、軽車両が圧倒的に多いです。普通車を見るのが稀といった感じです。

第3地点。最初からあまり期待できそうにない少し内陸に入った川沿いの公園です。枝先に小さめのアカネ♀が何頭かいたのですが、全部ナツアカネの♀でした。

ナツアカネ
ナツアカネ♀

 

その少し先の道路沿いの草地。

対馬
ヒメアカネがいた草地

踏み込んでみると意外に湿地状になっていました。顔が白い小さいアカトンボが何頭かいて、「オナガアカネきたかっ!」と思いましたがヒメアカネ。

ヒメアカネ
ヒメアカネ♂

 

最後の地点です。内陸部の田んぼ。

対馬
対馬内陸部の田んぼ

 

時間の許す限り徹底的に探してみましたが大部分はナツアカネで数も少ないです。
何とか1頭いたアキアカネ♀。

アキアカネ
アキアカネ♀

 

アキアカネの方がナツアカネより大きめという印象を持っており一見した時の区別はサイズを目安にしているのですが、フィールドガイド「日本のトンボ」によると、アキアカネ♀全長33~45mm、ナツアカネ♀35~42mmで一概には言えなさそうです。
ノシメトンボも多いのかな?と思っていましたが、ノシメ斑があるのは全てリスアカネでした。

リスアカネ
リスアカネ♀

 

田んぼの傍の川沿いの草地。

対馬
田んぼそばの川沿いの草地

 

ここのロープ状の柵には小型のアカネ♀がたくさん止まっていました。いちいち撮影して確かめるのは大変なので全部捕獲チェック。計20頭くらいはキャッチ。

ナツアカネ
ナツアカネ♀

 

全てナツアカネの♀でした。時々草地で捕獲する小型♀で、胸部の斑紋が目立たないのがいて「タイリクアキアカネかっ!」とドキッとさせられるのですが、顔に立派な斑紋がありマユタテアカネ♀。

結局飛来種で見つかったのはスナアカネのみでした。

今回の遠征は「定着しているかも?」イメージで探したのが敗因かもしれません。来年以降チャンスがあれば「飛来種探しイメージ」、つまり「海辺の田んぼや湿地を徹底攻撃」でいったほうがいいかも?です。

ナツアカネの産卵

お知らせ:YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
ナツアカネの産卵動画を追加しました。

大分県の九重に紅葉見物に行った帰りに、福岡市近郊ではなかなか見られなくなったナツアカネ、アキアカネの産卵動画を撮りに行ってきました。
紅葉の方はまだまだで、名所の九酔渓では色づいた木は2-3本程度しかありませんでした。

ナツアカネ、アキアカネはシーズン的には少し遅い感じでしたがそこそこの数がいました。正午前後には交尾態のトンボが結構田んぼに出入りしていましたが、近くで産卵してまともに動画が撮れたのはナツアカネの1ペアのみでした。
4K動画から切り出した画像ですが、打空産卵する♀の尾端に落下する卵が写っています。

ナツアカネ
ナツアカネの連結産卵

 

アキアカネは近くでの交尾態の撮影は出来ましたが、撮りやすい場所での産卵はありませんでした。

アキアカネ
アキアカネの交尾

コヤマトンボ卵孵化直前

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
サラサヤンマと、
アキアカネ
を追加しました。

8月14日の卵が、孵化間近になってきました。
卵黄も緑でコヤマトンボ卵確定です。8月14日のコヤマトンボ♀は結局産卵してくれず、川砂から見つけた1卵のみがコヤマトンボ卵の写真記録となりました。

コヤマトンボ
コヤマトンボ卵孵化直前
コヤマトンボ
コヤマトンボ卵孵化直前

オニヤンマは1カ所で集中的に産卵するので、砂からの採卵は容易ですが、コヤマトンボは流れる川に移動しながら打水産卵していくので、1卵を得られたのは偶然としかいいようがないです。いずれにしろ、ようやく超難関のコヤマトンボ採卵クリアーです。

ミヤマサナエ探索

夏の間の課題、ミヤマサナエ採卵目的で大分県の九重まで出張です。ヤゴはちゃんと見つかるのですが、いまだにミヤマサナエの成虫が確実に縄張りをはる場所が発見できません。九重でもミヤマサナエの成虫は発見出来ていないです。こんな場所で、少なくともヤゴはいるのですが、トンボはいません。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエヤゴの場所

 

この場所の前後の川岸も調査してみますが、理想的なポイントは見つからずミヤマサナエも発見できません。理想的なポイントのイメージとしては、早い流れが終わり緩やかな瀬になり、あまり深くなく、両岸が開け、川や岸に岩がゴロゴロと飛び出しているポイントです。特に堰や橋の下なんかで、こういうポイントがあればベストです。川の前後を調べていると、場所によっては牛の臭いがしてきます。川岸で放牧したり洗ったりしているのでしょうか?九重まで来たなーという感じです。

理想的なポイントは見つからず、ここで待つ事にします。ここは自然環境は最高で、福岡ではなかなかお目にかかれなくなった、アキアカネ、ナツアカネ、ノシメトンボがいたる所にいます。福岡では局地的にしか見られないミヤマアカネもうじゃうじゃ飛んでいます。

アキアカネ
アキアカネ♀
ナツアカネ
ナツアカネ♂
ノシメトンボ
ノシメトンボ♀
ミヤマアカネ
ミヤマアカネ♂

 

今はハグロトンボが全盛ですが、アオハダトンボもまだかなり残っています。

アオハダトンボ
アオハダトンボ♀
アオハダトンボ
アオハダトンボ♀

 

17時頃に川面をすばやく移動しホバリングするサナエがいました。尾端の方に黄色い部分が目立たず、きっと違うだろうと思いながら一応捕獲。オナガサナエの♀でした。記念撮影だけして逃がし、産卵業務に戻ってもらいます。

オナガサナエ
オナガサナエ♀

 

途中で黒い雲が出始め、遠くでカミナリの音もしてあまり長い時間粘れませんでした。結局、ミヤマサナエとは出会えずでした。ウーン、ミヤマサナエはなかなかきびしい。