「ナツアカネ」カテゴリーアーカイブ

ヤゴの生態動画

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
アキアカネコノシメトンボサラサヤンマタイリクアカネナツアカネミヤマアカネリスアカネヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

いずれも飼育個体をセットで撮影したものです。上のうち、6種はアカネのヤゴなのでよく見ると側棘などに違いはあるものの、ほぼ同じような動画です。

 

アキアカネ
アキアカネヤゴ

 

コノシメトンボ
コノシメトンボヤゴ

 

サラサヤンマ
サラサヤンマヤゴ

 

タイリクアカネ
タイリクアカネヤゴ

 

ナツアカネ
ナツアカネヤゴ

 

ミヤマアカネ
ミヤマアカネヤゴ

 

リスアカネ
リスアカネヤゴ

アキアカネの産卵

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
アキアカネの産卵動画を追加しました。

大分の九重にキャンプ&紅葉観光に行ってきたついでに、アキアカネの産卵動画を撮ってきました。

たき火
キャンプ場でたき火

 

この時期のキャンプの醍醐味、たき火。シナモンシュガーとバターを仕込んで熾火の上で作った焼きリンゴが絶品でした。隣のシェラカップはアヒージョで、こちらもずっとグツグツしているのでおいしいです。

吊り橋
夢の大吊橋

 

夢大吊橋の場所も紅葉がピークでした。ここを訪れた後にアキアカネの産卵を撮りに行ったのですが、帰りに大吊橋を通過した12:00頃は駐車場に止まる車が道路をふさいでいて大渋滞でした。

アキアカネ
アキアカネの産卵

 

さて、狙いのアキアカネ産卵。明け方は寒くて氷も張る九重ですが、アキアカネもナツアカネも元気でした。稲刈り後の田んぼは乾燥気味で滞水部も少なく、大部分のアキアカネは田んぼ傍の川岸の水たまりで打泥産卵していました。

ナツアカネ
ナツアカネの産卵。下に落下中の卵が見える。

 

ナツアカネも多く、こちらは田んぼで打空産卵していました。

アオサナエヤゴの生態動画 フィールド活動は空振り

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
アオサナエヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

今年の秋は秋雨や台風の影響で3週連続週末が雨で活動停止していました。
11月3日の祝日は久々に晴れたので、2015年10月25日と同じ島に行ってきました。オナガアカネやタイリクアキアカネなどの飛来種が目的。

気持ちのいいフェリー旅で20分ほどで島に着きますが、少し時期的に遅いこともあり完全に空振りでした。

いたのはナツアカネが10頭程度。

ナツアカネ
ナツアカネ♂

 

ナツアカネ
ナツアカネ♀

 

他は、マユタテアカネ、タイリクアカネ、ノシメトンボ、カトリヤンマが少々。

何の収穫もないので、福岡市に戻ってから毎秋恒例の飛来種が来る池にも寄ってきました。今年はスナアカネが日本に数多く飛来しているみたいなので。

こちらも空振りでした。スナアカネは例年通り、数頭を見るのみでした。

スナアカネ
スナアカネ♂

 

トリミングして拡大したスナアカネ♂ですが、複眼下半分のライトブルーと胸部のワンポイントがなかなか綺麗です。

5月20日に採取したアオサナエヤゴが終齢になったので、セット内での撮影ですが生態動画を撮ってみました。

アオサナエ
アオサナエヤゴ

 

9月24日に採卵したメガネサナエは、2齢になりました。

メガネサナエ
メガネサナエヤゴ2齢

 

1齢の時にあった背棘横に2列にならぶ突起は脱落しています。まだヤマサナエと同じような紡錘形の体型ですが、どの齢期から特徴的な細長い体型になるんでしょうか?

ちなみに同様の体型のナゴヤサナエヤゴは3齢から細長くなりました。

対馬で飛来種探し

2015年10月12日に続き2回目の対馬探索に行ってきました。
狙いはタイリクアキアカネの採卵。対馬には飛来種であるタイリクアキアカネとオナガアカネが定着しているかも?ということなので。

まずググッてヒットしたこの場所へ。

対馬
対馬の岬

 

google mapで見る限り、近くに田んぼや水場もなく期待薄なのですがとりあえず行ってみました。ウスバキトンボがたくさんいるだけで秋に活動するアカネ類は全くいません。ということで早々と第2地点へ。
しかし、後から考えるに「定着している」情報にまどわされていたかも?です。海辺近くを十分に探す飛来種探し姿勢に欠けていました。もっと海辺近くまでアプローチしとけば良かった。

さて第2地点。ここは海辺の近くで田んぼもあります。

対馬
スナアカネがいた草地

 

今や福岡でも毎秋コンスタントに見られ、ありがたみは半減しているのですが、飛来種のスナアカネがいました。♂が10頭くらいで♀が6-7頭。

スナアカネ
スナアカネ♂

 

スナアカネ
スナアカネ♀

 

これだけの数の♀が草に止まっているのを見たのは初めてなので、一応遠征の収穫はありです。動いた♀を♂がキャッチして交尾態が1回見られたのですが、着地地点は特定出来ず残念ながら撮影は出来ませんでした。

ナツアカネ
ナツアカネの田んぼ

 

いかにもナツアカネ、アキアカネの産卵に適した田んぼも近くにあるのですが、ナツアカネとマユタテアカネが少々いる程度でアカネ類は予想を裏切る少なさです。

ナツアカネ
ナツアカネ♂

 

ところで、対馬は幹線道路もすれ違いが大変な狭い道路が多いですねー。運転が結構大変でした。そのせいか、あるいは高速道路がないせいなのか、軽車両が圧倒的に多いです。普通車を見るのが稀といった感じです。

第3地点。最初からあまり期待できそうにない少し内陸に入った川沿いの公園です。枝先に小さめのアカネ♀が何頭かいたのですが、全部ナツアカネの♀でした。

ナツアカネ
ナツアカネ♀

 

その少し先の道路沿いの草地。

対馬
ヒメアカネがいた草地

踏み込んでみると意外に湿地状になっていました。顔が白い小さいアカトンボが何頭かいて、「オナガアカネきたかっ!」と思いましたがヒメアカネ。

ヒメアカネ
ヒメアカネ♂

 

最後の地点です。内陸部の田んぼ。

対馬
対馬内陸部の田んぼ

 

時間の許す限り徹底的に探してみましたが大部分はナツアカネで数も少ないです。
何とか1頭いたアキアカネ♀。

アキアカネ
アキアカネ♀

 

アキアカネの方がナツアカネより大きめという印象を持っており一見した時の区別はサイズを目安にしているのですが、フィールドガイド「日本のトンボ」によると、アキアカネ♀全長33~45mm、ナツアカネ♀35~42mmで一概には言えなさそうです。
ノシメトンボも多いのかな?と思っていましたが、ノシメ斑があるのは全てリスアカネでした。

リスアカネ
リスアカネ♀

 

田んぼの傍の川沿いの草地。

対馬
田んぼそばの川沿いの草地

 

ここのロープ状の柵には小型のアカネ♀がたくさん止まっていました。いちいち撮影して確かめるのは大変なので全部捕獲チェック。計20頭くらいはキャッチ。

ナツアカネ
ナツアカネ♀

 

全てナツアカネの♀でした。時々草地で捕獲する小型♀で、胸部の斑紋が目立たないのがいて「タイリクアキアカネかっ!」とドキッとさせられるのですが、顔に立派な斑紋がありマユタテアカネ♀。

結局飛来種で見つかったのはスナアカネのみでした。

今回の遠征は「定着しているかも?」イメージで探したのが敗因かもしれません。来年以降チャンスがあれば「飛来種探しイメージ」、つまり「海辺の田んぼや湿地を徹底攻撃」でいったほうがいいかも?です。

ナツアカネの産卵

お知らせ:YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
ナツアカネの産卵動画を追加しました。

大分県の九重に紅葉見物に行った帰りに、福岡市近郊ではなかなか見られなくなったナツアカネ、アキアカネの産卵動画を撮りに行ってきました。
紅葉の方はまだまだで、名所の九酔渓では色づいた木は2-3本程度しかありませんでした。

ナツアカネ、アキアカネはシーズン的には少し遅い感じでしたがそこそこの数がいました。正午前後には交尾態のトンボが結構田んぼに出入りしていましたが、近くで産卵してまともに動画が撮れたのはナツアカネの1ペアのみでした。
4K動画から切り出した画像ですが、打空産卵する♀の尾端に落下する卵が写っています。

ナツアカネ
ナツアカネの連結産卵

 

アキアカネは近くでの交尾態の撮影は出来ましたが、撮りやすい場所での産卵はありませんでした。

アキアカネ
アキアカネの交尾

島探索

お知らせ:YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
ノシメトンボナツアカネマユタテアカネのトンボ画像を追加ました。
リスアカネの♀単独打空産卵動画も追加しました。

秋のアカネのトンボ画像を増やそうということで、昨年10月25日と同じ島に出かけてきました。フェリーで20分ほどかかるのですが、短い船旅はなかなか気持ちよく、また、周りのほとんどを占める釣り客達たちの”釣るぞ釣るぞー”という熱気が伝わってきて、こっちまでウキウキしてきてグッドです。

あわよくば、昨年と同じオナガアカネや他の飛来種も期待してたのですがこちらは何も見つかりませんでした。

一番多かったのは、福岡市近郊と同じでマユタテアカネ。福岡市近郊と同じで、♀は翅端が褐色になるノシメ型が基本です。

マユタテアカネ
マユタテアカネ♀

 

あと多かったのは、ノシメトンボ。こちらは福岡市近郊では今やなかなか見つかりません。

ノシメトンボ
ノシメトンボ♀

 

リスアカネの♀が田んぼの上で単独打空産卵をしていたので動画をホームページにアップしました。見にくいですが、尾端から落下する卵が動画でも確認することができます。

リスアカネ
リスアカネ♀の単独打空産卵

 

こちらも福岡市近郊ではなかなか見られないナツアカネ。そこそこの数がいました。

ナツアカネ
ナツアカネ♀

 

他には、ネキトンボ、タイリクアカネ、シオカラトンボがいましたが数は多くありませんでした。カトリヤンマが飛ぶのも何回か見かけました。

珍しい種はいなかったものの、福岡市近郊より自然度はかなり高いです。

 

オナガアカネ羽化と、ナツアカネヤゴ下唇側片の斑点について

10月25日に採卵したオナガアカネが羽化しました。
まず羽化したのは♀でした。

オナガアカネ
オナガアカネ♀

アカネのヤゴを鑑別する場合、下唇側片の斑点の有無も鑑別点のひとつになります。
ナツアカネは、日本産幼虫図鑑、日本産トンボ幼虫成虫検索図説の両書ともに、下唇側片には斑点なしと記載されています。

ヤゴペディアホームページに掲載しているナツアカネヤゴは、2009年に大分県で採卵して飼育した個体ですが、下唇側片には暗褐色の斑点が存在してます。

ナツアカネ
ナツアカネ2009年採卵ヤゴ

 

この点がひっかかっていたので10月25日の福岡の島でナツアカネも採卵しておきました。自然界では年を越してから孵化するのですが、飼育下ではオナガアカネ同様、昨年中に孵化しました。それが終齢まで育ったのですが、やはり下唇側片には暗褐色の斑点があります。

ナツアカネ
ナツアカネ2015年採卵ヤゴ

 

2カ所で採卵飼育したヤゴとも、下唇側片には斑点があります。もう少しサンプルを増やして、この点を確認していく必要がありそうです。

オナガアカネの採卵

10月25日の活動です。迷アカネの採卵が目的です。

10月12日の対馬は時間がかかり過ぎて、そうそうは行けないので、今日は近場の島に行ってきました。船で20分くらいの沖合にある島です。行きのフェリーは、朝早め時間でしたが、釣りに行く人がたくさんいてにぎわってました。

島に着き、まず海岸に出てみます。いけませんねー、風が強すぎます。何もいません。

オナガアカネ
迷アカネ探索場所海岸

 

わずかに風が弱まった道路上に、タイリクアカネが1頭いただけでした。

 

タイリクアカネ
タイリクアカネ♀

 

海岸に出る道を逆戻りして、風が入らない草地を探す事にしました。

オナガアカネ
迷アカネ探索場所草地

 

いましたっ。
オナガアカネの♀です。

オナガアカネ
オナガアカネ♀

 

♀のオナガアカネを見るのは初めてですが、♂同様少しフワフワした飛び方をします。上の写真ではイメージが伝わりませんが、とても小さく、羽の斑紋も綺麗な可憐なトンボでした。そこそこの数がいれば、トンボ界の人気者になりそうです。
腹端を水につけるとすぐに産卵しました。ちゃんと受精卵で6-7割方の卵は、夜の撮影時には色が濃くなっていました。

オナガアカネ
オナガアカネ卵

 

タイリクアキアカネも探しましたが、遠目にどうかな?と思うような小型のアカネは全てナツアカネ♀でした。ナツアカネは結構な数がいました。

ナツアカネ
ナツアカネ♀
ナツアカネ
ナツアカネ♀腹部が赤化したタイプ
ナツアカネ
ナツアカネ♂

 

イソアカネも期待して、少しでも怪しいのは片っ端から捕まえてみましたが、全てタイリクアカネでした。1回実物を見ておかないことには、どうもイメージがわきません。
タイリクアカネも結構な数がいました。

あと、多かったのは、ノシメトンボとマユタテアカネ。
マユタテアカネ♀は、この島では福岡と同じで、翅の先端に斑紋があるノシメ型がほとんどでした。壱岐対馬では透明翅型しか見ませんでした。

ノシメトンボ
ノシメトンボ♀
マユタテアカネ
マユタテアカネ♀

 

ということで、久しぶりに採卵成功の日でした。

 

壱岐対馬の探索と、お知らせ

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
ダビドサナエと、
ネキトンボ
を追加しました。

さて、このブログを訪れるような人であれば、タイトルを見てピーンと感じるものがあるのではないかと思います。その通りです。飛来種の採卵が目的です。

スナアカネについては、2013年、2014年と福岡にも多数飛来して産卵活動も見られたので、採卵することが出来ました。ホームページにもすでにアップしてあります。

問題は、タイリクアキアカネとオナガアカネの2種です。
毎年少しは福岡にも飛来するのですが、採卵となると極めて困難です。

ということで、この2種が定着している可能性がある対馬に出かける事にしました。といっても壱岐対馬は初めての訪問ですし、見られる可能性が高いエリア情報もなく、無理矢理家族旅行を企画してそのついでといった形です。

まず、10月10日は壱岐に一泊し、この旅館で海の幸を堪能します。

 

壱岐旅館
壱岐旅館

 

10月11日は単身で対馬に渡ります。ジェットフォイルの時間まで暇があるので、午前中壱岐にも何かいないか探してみました。こういう場所です。

壱岐探索場所
壱岐探索場所

 

トンボは極めて少なく、どこにでも飛んでるウスバキトンボが10頭程度、マユタテアカネ数頭、ナツアカネ♂1頭のみでした。

ナツアカネ
ナツアカネ♂

 

対馬には午後1時頃着きましたが、探索出来るのは実質3時間強くらいのものでしょう。広い対馬の遠方まで出かける時間はないので、google earthであらかじめあたりをつけておきました。港から30分以内くらいで行けそうなダムと、その下流域にある田んぼ or 畑です。こういう場所。

対馬ダム
対馬のダム
対馬畑
対馬の畑と川

 

特に、ギクッとさせられるような紛らわしいトンボはいませんでした。
いたのは、おなじみ多数のウスバキトンボと、マユタテアカネ♂♀各10頭程度、ボロボロになったシオカラトンボ♀1、典型的なアキアカネ♀1のみでした。

マユタテアカネ
マユタテアカネ♀
アキアカネ
アキアカネ♀

 

下は、最初♂かと思ったけれども何か変なので捕まえてみたマユタテアカネ♀。かなり赤化した♂型♀でした。

マユタテアカネ
マユタテアカネ♂型♀

 

ほとんど成果がなく、来年再トライとなりました。

ところで、壱岐対馬でも幅をきかしているのはやはりマユタテアカネのようです。あと、福岡では翅の先端に褐色部があるノシメ型♀が多いのですが、今回見た♀は全て透明翅型でした。

ムカシトンボヤゴの摩擦音

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
コオニヤンマと、
ナツアカネ
を追加しました。

9月12日の活動です。曇りのさえない天気でトンボの活動はあまり期待できないので、またまた9月5日のムカシトンボの場所に行ってきました。

ムカシトンボのヤゴは捕まえると、腹部を動かしてシャカシャカと音をたてます。ホームページ素材用に、その撮影です。
終齢に近いヤゴが必要なので、9月5日の場所より100mくらい下流を探します。大きめのヤゴはこの辺の方が探しやすいのです。ムカシトンボは流れ下る渓流で5-6年間ヤゴ時代を過ごすので、なんだかんだで成長中流下してしまうことも多いようです。
すぐに終齢2頭と若齢4頭が見つかりました。終齢1頭だけ撮影用に持ち帰ります。こんなふうに音をたてます。

 

9月13日も色々活動したのですが、全てハズレでした。よくあることですが、King of ハズレの日で写真すらなしです。