コバネアオイトトンボ、ミヤマサナエ、タカネトンボの生態動画

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
コバネアオイトトンボミヤマサナエタカネトンボヤゴの動きを記録した動画を追加しました。

コバネアオイトトンボ
コバネアオイトトンボのヤゴ
タカネトンボ
タカネトンボのヤゴ
ミャマサナエ
ミヤマサナエのヤゴ

このミヤマサナエヤゴは、6月29日にブログに掲載したいわくつきのヤゴで、終齢であるにもかかわらずもう一度脱皮してさらに大型化しました。6月26日に脱皮したので今日で脱皮後20日になります。
羽化して成虫までたどり着けるかどうか興味深い所ですが、下図は左が6月28日撮影、右が本日7月16日撮影の画像です。羽化が近づいてくると複眼のポジションや大きさが変化し、さらに翅芽がふくれてきます。

ミヤマサナエ
ミヤマサナエヤゴ(左が6月28日、右が7月16日)

複眼の拡大。頭部の撮影角度が違うので複眼の大きさの比較は出来ませんが、右の本日撮影画像では複眼と表面の間にスペースが出来てきています。

ミヤマサナエ
複眼の拡大(左が6月28日、右が7月16日)

翅芽の拡大。右はやや膨らんできて垂直方向に立ち上がってきています。

ミヤマサナエ
翅芽の拡大(左が6月28日、右が7月16日)

どうも羽化に向かっての変化がクチクラ内で起こっているようです。

オオヤマトンボの交尾

採卵困難種キイロヤマトンボへのチャレンジは、今年もどうも失敗に終わりそうです。
1回のみですが、同じヤマトンボ科のオオヤマトンボでは通常の方法(産卵♀の尾端を水入りカップにチョンチョンする方法)で採卵成功しています。
採卵再現性の確認と若齢ヤゴの高解像度画像が欲しいので、本日はオオヤマトンボにアタック。場所はこんな感じでオオヤマトンボが好む大きめの池です。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボの池

1回♀が産卵に来ましたが、岸から少し離れた場所のため捕獲断念。
しばらくするとかなり離れた場所で、オオヤマトンボ♂が♀をつかまえて森の方へと去って行くのが見えました。物欲しげに眺め続けていると、森の方から止まり場所を求めて再びオオヤマトンボの交尾態が現れ、わりと近くの枝に止まるというラッキー。
ということで、運も味方しないと撮れないオオヤマトンボの交尾態。

オオヤマトンボ
オオヤマトンボの交尾

どれくらいの時間で交尾が解けるかじっと見てましたが何の動きもなく10分くらいでギブアップ。池岸にチェアをセットして座り、交尾態をチラチラ確認しながら♂の飛びモノ写真にチャレンジすることにしました。
交尾態の♂以外に2頭の♂がパトロールしています。面白いもんでトンボにも個性があり、人間にとって分かりやすいのは用心深い個体とそうでない個体。1頭は私のそばに近づくと離れてから通過していきますが、もう1頭は一切おかまいなしにスレスレを通過します。快晴ではないためシャッタースピードはかせげず写真の出来はいまいち。

オオヤマトンボ
パトロール中のオオヤマトンボ♂

1時間30分程度たったところで交尾態をチラ見したところいなくなってました。残念ながら交尾を解いて離れていくところは目撃出来ず。トンボも種によって交尾が一瞬で終わるものと時間単位の長いものがありますが、1時間半はかなり長い方です。
その後、大型の明らかに♀体型(腹部基部がキュッとしまっておらず太い)のトンボが池岸近くで怪しげな動き。黄色すぎるのでオオヤマトンボじゃないだろうと思いつつもキャッチ。ウチワヤンマ♀でした。ウチワヤンマもオオヤマトンボ同様、大きな深めの池が好きな種です。

ウチワヤンマ
ウチワヤンマ♀

結局オオヤマトンボの採卵は成功しませんでしたが、今回は運もないと撮れないショットをゲット出来たのでOKです。

ミヤマサナエの過剰終齢ヤゴ

現在終齢ヤゴの立体画像を少しずつ深度合成画像で置き換えているのですが、その目的で採取していたミヤマサナエヤゴで想定外の現象が起きました。
終齢のはずのミヤマサナエヤゴがさらに脱皮してしまい、巨大サイズのヤゴになってしまったのです。

下図の上が深度合成で撮影した今回のミヤマサナエ終齢ヤゴで令和1年5月12日に撮影したものです。下が従来掲載の終齢ヤゴ。なお、終齢は専門書ではF-0、亜終齢はF-1(終齢マイナス1)と表現します。

ミヤマサナエ
(上)今回のミヤマサナエ終齢ヤゴ5月12日、(下)従来掲載ヤゴ終齢

翅芽の発達具合などから今回採取したヤゴは終齢です。なお立体撮影しかしておらず体長測定はなく、大きさは従来ヤゴに適当に合わせています。

下図は従来掲載ヤゴのF-1(左)、F-0(右)画像。だいたいどのトンボでも腹長に対する翅芽長の比率は似たような感じです。

ミヤマサナエ
(左)ミヤマサエ亜終齢、(右)終齢

6月26日になってミヤマサナエ飼育水槽の中で脱皮殻を見つけました。あれっ?、亜終齢を終齢と勘違いしてた?。画像を再確認しますが間違いなく終齢です。
ということで6月28日に過剰終齢ヤゴ(英語ではoutsizeと表記してあります)の撮影をしてみました。下図の左が従来掲載の終齢ヤゴで、右が今回の過剰終齢ヤゴです。サイズも大きく従来のヤゴの体長が約25mmで今回が約33mm(頭幅は約7mm)。ミヤマサナエの終齢ヤゴは体長26~29mm、頭幅6mm内外といった所です。

ミヤマサナエ
(左)従来終齢ヤゴ、(右)今回の過剰終齢ヤゴ

立体画像です。上が今回のヤゴで下が従来ヤゴ。翅芽の腹節に占める割合も大きくなっています。なお過剰ヤゴになってからは非常にhyperactiveに動き回り、氷冷しても完全に動きを止められず深度合成は出来ませんでした。

ミヤマサナエ
(上)今回の過剰終齢ヤゴ、(下)従来掲載ヤゴ

「トンボ博物学ー行動と生態の多様性」 by フィリップ S. コーベットによると、F-1の段階では色んな要因により脱皮の追加が起こることが知られています。しかし、F-0では観察されていないようです。
また、ヤゴの変態はアラタ体と腹面腺に入力するホルモンで調節されており、実験的に余分なアラタ体を移植されたF-0ヤゴは巨大な過剰F-0ヤゴになったそうです。

最もありそうなのは、このヤゴは変態に関する遺伝子群に何らかの異常を持つヤゴということなのでしょうか?それとも成長ホルモンに問題がある巨大ヤゴで、実は5月12日がF-1で、今回がしっかりF-0とか?
このまま羽化までいって、大型ミヤマサナエ成虫になるのか興味深いところです。

------------------------
2019年6月30日追記
この件に関してトンボなどのDNA解析で多くの業績があり、またネイチャーガイド「日本のトンボ」の共著者でもある二橋亮氏にメールで相談させていただきました。
結果として、F-0幼虫の過剰脱皮幼虫の可能性があり、知り得る範囲では報告がない稀な例で、状況により遺伝子解析も試みるかも?とのことです。
二橋亮様、色々とお教えいただき誠にありがとうございました。
------------------------

コシボソヤンマヤゴの擬死

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
コシボソヤンマヤゴの擬死(不動姿勢)を記録した動画を追加しました。

タイムコード付きで、約7分間を1分間に縮めた7倍速動画です。
”で、どうしたの?” って感じですが、タイムコード付きの動画を作る方法が分からず色々と試行錯誤して作ってみました。
まあ~、単に趣味で作った動画ということです。

コシボソヤンマヤゴの擬死

キイロヤマトンボの産卵

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑に、
キイロヤマトンボの産卵動画を追加しました。

ついに、九州北部は遅い梅雨入り記録を更新したそうです。
例年キイロヤマトンボの産卵時期は梅雨と重なるため、都合のいい日の晴れはそうそうなく、また増水してたりで採卵を狙えるのはせいぜい2-3日。
ところが、今年は絶好のチャンス。6月13日以後もキイロヤマトンボの場所に4回出動しました。こんな場所です。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボの場所

産卵にも3回遭遇し、17:00頃が2回と14:10が1回。
下は6月22日の産卵で、この日の天気はぼんやりとした晴れのため♂が不活発で、♀が落ち着いて産卵してくれて動画も撮影出来ました。通常だとちょっと産卵したところで、すぐに♂に連れ去られてしまうところです。
動画を見てもらえばわかりますが、類似種のコヤマトンボが岸沿いの植生の下にかくれるようにしながら素早く往復産卵するのに対して、キイロヤマトンボは川の中央近くで産卵します(岸沿いに産卵することもあります)。さらに浅い砂底がお好みのようです。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボの間欠打水産卵

産卵したあたりの砂も計数回持ち帰り、6月13日に書いた卵プカプカ作戦で採卵を試みました。糖液の比重も約1.4まで上げ見落としがないようにしましたが、結局採卵は成功しませんでした。
ピンポイントで産卵ポイントを特定出来、流れもゆっくりでその直下付近に卵が落下するという幸運に恵まれないと採卵は難しいようです。来週半ばからは雨の予報で、今年も採卵は失敗かも?

6月22日は、17:00過ぎになり水面スレスレを高速で飛ぶ明らかに他の種のサナエも現れました。止まったトンボはアオサナエでした。数は少ないですがちゃんと生き残っていますね。また、とってきた砂の中にも2齢のアオサナエヤゴが1頭いました。

アオサナエ
アオサナエ♂

キイロヤマトンボ♂の飛びモノ写真にも挑戦してみました。少し腕があがって出来映えは去年よりだいぶましになってきました。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボ♂

キイロヤマトンボの採卵

いまだに採卵が成功しないトンボが2種います。キイロヤマトンボとミヤマサナエ。
ということで、キイロヤマトンボにちょうどいい季節になったので、昨年久しぶりに成虫を見た場所に出動。仕事後の15:30くらいに現場に着きました。
早速パトロールする♂を発見。

キイロヤマトンボ
パトロールするキイロヤマトンボ♂

その後いたりいなくなったりでしたが、16:30頃になると3-4頭の♂が常時いるようになってきました。
17:00過ぎになり産卵♀が出現。撮影と採卵を兼ねて捕獲しました。

キイロヤマトンボ
キイロヤマトンボ♀

2015年8月14日のコヤマトンボの記事にもありますが、やはり採卵は困難で産卵する気配は全くありません。こうなると産卵場所付近の砂を採取して地道に卵をさがすしかありません。産卵で♀がポチャっとやった付近の砂を適当に持ってかえりました。

採取した砂の量が少なく、かつ、卵が砂に付着する性質をもってなければ卵の発見はわりと簡単なのですが、キイロヤマトンボの間欠打水産卵ではこの辺だろうくらいの見当しかつかず砂の量も多くなってしまいます。
そこから0.5mm前後の卵を探すのは気が遠くなるような作業です。そこで、トンボ博物学ー行動と生態の多様性 by フィリップ S. コーベットに書いてある孵化直後のヤゴを探すやり方を試すことにしました。糖を溶かした高濃度の水に採取した砂をいれて、ヤゴをプカプカ浮かそうという方法。
で、家に帰ってまず実験、実験。手元にあるモノサシトンボの卵を使ってみました。1%程度の糖液から段々濃くしていくと5%くらいから少し卵が浮いてきました。そして15%くらいになると常時浮いてくるように。下はちょっと分かりにくいですが、縦に浮いているモノサシトンボ卵。

卵
高濃度糖液に浮くモノサシトンボ卵

結局、採取してきた砂からキイロヤマトンボ卵は見つけられませんでしたが、極小のユスリカ類の幼虫は浮いてきて簡単に見つかりました。うまくいきそうな感じです。
今シーズンは空梅雨気味で、もうしばらくは川で産卵に出会えるチャンスがありそうです。再チャレンジしてみよう

若齢ヤゴ高倍率撮影

YAGOPEDIAホームページのヤゴ図鑑の、
コバネアオイトトンボ卵~3齢、ホソミイトトンボ卵~3齢、ヨツボシトンボ卵~2齢を高倍率撮影画像で差し替えました。

左が従来掲載分で、右が今回の差し替え分です。

コバネアオイトトンボ
コバネアオイトトンボ1齢
ホソミイトトンボ
ホソミイトトンボ1齢
ヨツボシトンボ
ヨツボシトンボ1齢ヤゴ

メガネサナエヤゴ

2017年9月24日に採卵したメガメサナエがようやく終齢になりました。

メガネサナエ
メガネサナエの終齢ヤゴ

泳ぎ続けるヤゴですが、いったん泥に接地すると一瞬で潜り込んでしまい姿を消してしまいます。という訳で撮影は色々と大変です。

泳ぎ続けるメガネサナエ終齢ヤゴ

撮影には冷却が一番効果的で、氷で冷やした水に入れると一時的に動きがにぶくなるので、その隙にすかさず撮影するといった感じです。

ムカシヤンマ

やっとフィールド活動を開始出来たと思ったら、今度は3回目の痛風発作を発症してしまいました。今回が最悪の発作で、さすがに尿酸下降薬を開始しなきゃーと決心。
さて、禁酒&野菜生活でしばらくおとなしくしてましたが、ようやく痛みがひいてきました。ということで、さっそくフィールド活動を再開。

とくにあてもなく、市街地から車で20分ほどの近場にあるムカシトンボの渓流に行ってきました。渓流入り口のアパートなどが立ち並ぶ場所になにやら大型のトンボが。よくよく見るとムカシヤンマ♂でした。
ここで見るのは始めてですが、山裾なのでどこかに幼虫がいる水がしたたる斜面があるのかもしれません。
場所が場所だけに縄張りではなく、お休みと摂食中の個体。
警戒心がうすい個体でいつも通り寄りまくり撮影し深度合成してみました。ご覧のようにほぼ町中といってもいい場所です。
福岡は市街地からの近場といっても、なかなかあなどれないですね。

ムカシヤンマ
ムカシヤンマ♂

yagopedia blog版(ヤゴペディアブログ)